b型肝炎訴訟に詳しい弁護士のサポートを受けられるアスコープ

幼少期に集団予防接種を受けた経験がある方々の中には、予防接種のやり方を間違っていたせいで、b型肝炎に感染したという人も多いです。ひょっとしたら自分もそうかもしれないと感じたら、b型肝炎訴訟を起こすためにアスコープという法律事務所を頼ってください。

数多くのb型肝炎訴訟をサポートしてきたアスコープの詳細と、正しい法律事務所の選び方をご紹介します。

『【血液?汗?】b型肝炎ってどうやって感染するの?』

予算的な余裕が無い時の法律事務所の選び方

貯金もあまり残っていなくて、金銭的に余裕が無いのであれば、b型肝炎訴訟を依頼する法律事務所の選び方には注意が必要です。法律事務所によって初期費用は大きく違い、初期費用の高さが原因で訴訟を起こすのを諦めたという人も少なくありませんでした。

その初期費用に関する問題を解決するために、アスコープは相談者から初期費用を取らずに、給付金額の一部を弁護士費用として受け取っています。相談料や調査料だけでなく、裁判費用まで含めて無料で対応をしてくれるので、安心して依頼をしやすい法律事務所として、アスコープは注目されるようになりました。

給付金額の13%ほどを弁護士費用として負担する事になり、無症候性キャリアの人の場合は実質13万円ほどで済みます。無料で相談をさせてもらえるので、訴訟を起こすメリットが分からないという人でも、気軽に相談をしやすいです。

母子感染である事を立証できるか確かめる

集団予防接種だけがb型肝炎の感染源というわけではなく、親から子供に感染する場合もあります。母子感染した場合であっても、二次感染者として給付金の対象になりますから、自身が二次感染者ではないか確かめるために法律事務所に相談をしてください。

アスコープでは母子感染に関する調査も慣れたスタッフが、丁寧に調査を行ってくれるので、資料集めにも苦労はしません。母子感染の証拠を集めるのは大変なもので、医療記録などを集めなければ母子感染を立証するのは難しいです。

アスコープであれば母子感染の調査を行う前の、相談料の負担なども心配せずに調査を始められますから、まずは専門家にアドバイスを求めてください。父親が持続感染者である可能性なども含めて、ウイルスの塩基配列も調査しながら、b型肝炎訴訟を進めてもらえます。

一生に一度の訴訟で済むのが楽

集団予防接種が原因でb型肝炎に感染してしまい、給付金を受け取りたいと考えているけれど、何度も訴訟を起こす事にならないか不安になってしまう人もいます。b型肝炎訴訟というのは訴訟を起こしてから、国側に責任がある事を認めさせる事ができれば、一度の訴訟を終わらせるだけで給付金を受け取る事が可能です。

何度も訴訟手続きを行う必要はありませんし、アスコープのような法律事務所であれば、手続きの効率の良さと給付金の額の両方で満足させてもらえます。b型肝炎の症状が重たいので、早いうちに給付金を受け取る必要があると焦っている方々も、効率性を重視するアスコープを頼ってください。

専任の担当弁護士をつけてもらえるか否かを重視

どこの法律事務所にサポートを依頼しても、b型肝炎訴訟の結果が同じになるというわけではなく、調査のやり方次第で給付金が大きく変化する事もありえます。調査で手を抜かない法律事務所を頼りたいのなら、アスコープのように専任の担当弁護士を用意してくれる、頼りになる法律事務所に相談をしてください。

専任の担当弁護士だからこそ、他の調査も同時に行っているせいで、調査が手抜きになってしまう心配もありません。相談者一人ずつの詳細なデータを確認しながら、数字の見落としが無いように調査を行ってくれますから、手続き上のミスも発生しにくいです。

効率的にb型肝炎訴訟を済ませるためにも、担当弁護士が専任で作業を行うか否かを確かめてから、法律事務所を選ぶ事を推奨します。

実績の豊富さでも注目されている

多くの人から信頼されている法律事務所でなければ、安心して相談できないと考えている方々にも、アスコープという法律事務所は最適です。

アスコープは平成30年5月の時点で、すでに8600人以上の方々をサポートしてきた実績を持っています。給付金額の最大化に成功した事を多くの方々が喜んでおり、信頼性で選ぶのならアスコープが良いと言われるようにもなりました。

他の法律事務所に断られるほど難しい案件であったとしても、アスコープであれば受け付けてくれる可能性もあります。血液検査結果が無いから調査を続けられないと、すぐに断念してしまう法律事務所とは違うからこそ、アスコープは頼りになると好評です。

過去にアスコープが手伝いをした訴訟でも、血液検査結果が見つからなくて困っていた人が、給付金を受け取る事に成功した例もあります。

24時間いつでも対応をしてくれる安心感

仕事が忙しいので平日には相談ができなかったり、夜中にしか法律事務所に足を運ぶ時間的余裕が無いという人も、アスコープにサポートを依頼できます。

アスコープは24時間365日いつでも相談を受け付けており、正月休みのうちにb型肝炎訴訟の相談を済ませて、翌日に仕事を再開するつもりという人も気軽に相談をしやすいです。連休シーズンになると相談者が殺到する可能性もありますが、アスコープはスタッフの人数も多いので、待ち時間も気にせずに相談できると評価されています。

急いで訴訟を始める必要があるか確かめる

慢性肝炎を患っている方々が、訴訟を提起する時期が遅れてしまうと、それだけで給付金額が大幅に下がってしまう事もあります。

1250万円ほど受け取れるはずだった給付金が、150万円ほどに下がってしまった例もあるので注意が必要です。アスコープに相談をすれば、除斥期間の経過によって給付金が下がらないように、迅速にカルテの調査を行ってもらえます。

b型肝炎を発症してから20年が経過する前に訴訟を起こす必要があると考えて、早いうちにアスコープに相談をして、どれだけの給付金を受け取る事ができるのか確認してください。

医療記録が少ない場合でも対応可能

b型肝炎が原因でご家族が亡くなってしまった場合や、医療記録がほとんど残っていない場合にも、アスコープは正確に資料を集める事が可能です。事務所を開設した当初から、b型肝炎訴訟のサポートを行ってきた法律事務所だからこそ、特殊性のある相談にも対処してもらえます。

カルテを詳しく分析できる法律事務所でなければ、給付金額の最大化は難しいですから、専門家がサポートを行うアスコープを頼って、b型肝炎訴訟を有利に進めてください。

『b型肝炎患者のアルコール摂取の注意点』